×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コントミン錠は太る

コントミンは、不安感を鎮め、心を落ち着かせる作用があります。コントミンは、統合失調症や躁病の治療のために処方されます。コントミン錠にも眠気、吐き気、眩暈などの副作用があります。副作用の程度や種類は個人差があります。また、コントミンを服用すると太るという方もいます。

 

うつ病を克服する方法はこちら

 

コントミンは今から50年以上も前に認可されて今でも現役バリバリで処方される抗精神病薬(メジャートランキライザー)で総合失調症や躁病に対して抜群の効果が見込めます。コントミンの成分であるクロルプロマジンの発見はなんと第二次世界大戦直後で、この発見によって総合失調症などの精神疾患の患者の治療がものすごく進歩しました。そんな古い歴史を持つコントミンですが、多量摂取で死に至る危険性を覗いては重大な副作用もそれほど多くありません。催眠効果があるので翌日まで眠気が残ったり、手が震えたりこわばったりといった感じで軽めの副作用が多いです。ただ、副作用は差ほどでもないですが医師の指示に従って徐々に薬を減らしていかないと強い離脱症状が出ることがあるので断薬する時は注意が必要です。さすがに歴史がある抗精神病薬だけあって薬価も安価ですからお財布にもやさしい薬ですから、コントミンはまだ暫くは処方される事の多い抗精神薬だと思います。


時給の高い仕事